11月はオレンジリボン運動月間です。

オレンジリボンライダーはオレンジリボン(児童虐待防止)運動を、

広く地域の皆さんに認知してもらうことで、ママや子ども達の笑顔を守る活動をしています。

そして、そんなライダーをお手伝いしているのがチアフル・ママのライダーガール活動。

なぜチアフル・ママがライダーガールになったのか、代表の江崎あずみがご説明します♪

チアフル・ママがライダーガールになった理由

さかのぼること、5年以上前(はっきり覚えてない(^_^;))
私は友達家族と一緒に児童養護施設「ともいき」のお祭りに行きました!
なんのお祭りなのかも知らず、地域のおまつり、、て感じで。

楽しそうなステージや美味しいもの頂き、うろうろしていた所、当時の一宮市長、谷市長にお会いしました。
いつも一宮市の司会をさせて頂いているので、ご挨拶。座りこんでのおしゃべりとなりました。

そこで、知ったのは「ともいき」は、親御さんと一緒に住めない子供たちを預かる児童養護施設、だという事。
この施設だけでも,約60名の子供達が入所している。
その他にも一宮にはもう一つ同じ施設があるという事。

衝撃的でした。 児童養護施設、、、テレビなどで聞いた事があるって感じで、そのような施設が一宮市にあるなんて、知らなかった。それも、約120名もの子供達が、、、。

入所している理由は様々だけど、最近は「虐待」も増えていて、ここに入所している子供たちは氷山の一角だと、施設長さんからも聞きました。

「施設」「虐待」・・・身近なものとだと感じたこともなかった。
でも、目の前にいる元気に遊んでる子供達の中には、施設の子供達もいるという現実。
放心状態の中、谷 元市長がいわれたのは、「子供達に普通の家庭を知るために、短期の里親の制度があるから、ぜひ、預かってあげて」と、、、。
「ここにいる子供達は、一般的な家庭というものを知らない子も多い。
知らないまま大人になって、結婚しても、どんな風に家庭を築いていいのかわからない。
すると、自分が育ってきたような家庭になる。と、、、同じ事が繰り返される。
それを防ぐためにも、見本となる一般な家庭、家族を知ってもらいたい。」と、、、
その他にも色々な理由があるけれど、、、。

谷 元市長の思いはとっても伝わってきたし、納得ができるし、、、
私は大概の事は「わかりました!」って言っちゃう方だけど、この時ばかりは無理でした。
自分の子供だけでもいっぱいいっぱいだし、そんな責任ある事、できない って。
申し訳ない気持ちでいっぱいだけど、どう考えても無理でした。
「じゃあ、ボランティアででも、何か関わってあげてね。」と笑顔で言われ、「はい!」とその場を離れました。

その後、すぐに、、、とは行きませんでしたが、知り合いと一緒にボランティアに行き、直接子供達と関わることに。
みんな無邪気で可愛くて、人懐っこい。どこにでもいる子供達。
でも、この子達は私達が想像もつかない経験や大きな心の傷を抱えている子達もいる。
何か私にできること、、、そう思いながらも、話を聞けば聞くほど、その問題の深さ、深刻さを感じ、素人の私が安易に入りこんじゃいけないじゃないかと思い、ジレンマだけが膨らんでいった。

そんな時です!
オレンジ星から使者がやってきた(^^)

ちょうど、チアフルを立ち上げ1年が過ぎた頃。
私達が発行しているフリーペーパー「garden」を名古屋の方で手にして、話を聞きたいという一通のメール。。。
あの頃、起業されている男性からのメールが多く、面白そうなお話だな、っと思っても、知らない男の人と会うのは怖いので、面識がない方はすべてお断りしていた。
ただ、このメールの差出人は子育て情報マガジン「きらきら」の編集長。
調べてみたら、ちゃんとした冊子だし、チアフルを冊子の中で紹介してくれるという。
それは嬉しいお話♪
恐る恐る、「一宮まで来てくれるなら、いいですよ」って。
そんで、場所も地元で知りあいもよく いる喫茶店。変な人だったら、誰か助けてくれるだろうと・・・(笑)
むちゃくちゃ警戒心強いでしょ?(笑)そうして、会った「きらきら」編集長の鳥居さん。
彼こそが「オレンジ星からの使者」でした(^^)チアフルやgardenについて、お話をして、見せてもらった「きらきら」の中には
初めて見るヒーロー「オレンジリボンライダー!」好奇心旺盛な私は気になって、ライダーについて、あれこれ聞くと、鳥居さんは、ライダーについて語って
くれた。
編集長として、いろんな幼稚園や保育園をまわる中、虐待についての現実を知り、何か自分にできることはないかって・・・。そう! 私と全く同じ!でも、彼はすでに行動を始めていた。
自分にできることは、オレンジリボンをPRすること。
「児童虐待防止運動」のシンボルマークである「オレンジリボン」をまずは 皆さんに知ってもらおう!と。もともとバイクに乗っていた彼は、オレンジ色のヘルメットをかぶり、知り合いの園を訪問。
大型バイクに乗ってやってきたヒーローに子供たちは大興奮だったそう。そうして、オレンジリボンライダーが始まったそうです。
それが、2010年。私がチアフルを立ち上げた年です。

オレンジリボンライダーとして、「子供達の笑顔を守る!」という思い、そして、これからのライダー活動に
ついて、まるで少年のように語ってくれた編集長の熱い思いに感動したのを覚えてます。私は「子供達のために何かできないかな?」と思っているだけなのに、この人は実行している。
私も何かやりたい!そんな話をしていたら、気づけば、3時間(@_@)警戒芯も緊張もどこへやら(^^)その後、「きらきら」でチアフルを紹介してもらったり、イベントに来てくれたりして、チアフルのメンバーとも仲良くなった編集長♪ みんなにとって、優しいお兄さん♪
そんな中、編集長からこんなお話が、、
「ライダー活動をNPO法人にするから理事をやってもらえたら」と。いきなりのお話にびっくり!!!
そして、、、実は、その日、私の方からもお願いがあったの。
チアフルが大きくなる度、企業の方とのつながりができたり、男性からの連絡も多くなり、どう人を見極めたらいいかわからない状態だった。
そこで、スタッフで話しあい、男性の顧問を誰かにお願いしよう!と。
そこで、真っ先にでたのが、みんなにとってもお兄さん的存在の「きらきら」編集長の鳥居さんでした。
そのお願いをしようとタイミング見計らってたら、先手打たれ、動揺する私(^_^;)
「理事についての返事は、旦那さんや、チアフルのメンバーにも相談をして、それから決めてほしい。」って。
すでにハードスケジュールをこなしていた私。
いくら私がやりたい!って思っても、まわりに迷惑をかけるような事になってはいけないからと、、、
「やりたい!でも、そんな余裕あるかな?・・」頭の中で渦まいてる私に、
「大事なことは、即答したらダメだよ。ちゃんと持ち帰って、ゆっくり考えて。」と。いつも勢いで返事しちゃって、突っ走る私だったから、「持ち帰って答え出す」という事は頭になかった。
新たな考え方を教えてもらい、その誠実さと優しさが伝わってきました。そして、チアフルの顧問は「即答」でOK!
あれ??? 即答、、、鳥居さんにとっては大したことじゃないから?(笑)
とりあえず、ホッとして、私は「理事を受けるかどうか?」という宿題をもらい帰りました。早速、チアフルスタッフに相談。
すでにお世話になっているし、顧問にもなってもらえるんだから、あずみちゃんがやりたいと思うならば、受けてもいいんじゃない? と、、、そして、主人。
編集長は男性。男性と一緒の活動だからこそ、主人の理解と了承が必要だから、と。すでにうちの主人とも会って、話をしたことがある編集長。「あの人なら、、」とOK。
あと心配は、理事を受けたはいいけど、忙しいからできない・・・とか言って、まわりに迷惑かける事だけはしないように。」って。
なんて理解ある主人・・・
主人曰く、私がやりたい!って言ったことは止めても無駄だって思ってるからって(^_^;)それでも2週間悩み、理事を受ける!という決断をしたのは、2012年12月末でした。

気持ちも新たに、2013年から、たった一人のライダーガールとしてのスタートです!

2015年の現在、ライダーガールは約40名ほど。
入れ替わり立ち代わり、ライダー活動に参加をしてくれています♪

{DF37347F-276A-4553-8836-D1BD4CC6E40E:01}

2015年現在、ライダーも3体に増え、どんどん広がっていく、ライダー活動。

{E6E4F208-FD8E-4CB4-A91F-0FA7BDF23DB5:01}
たくさんの皆様の応援と協力で成り立っています!
皆さん、本当にありがとうございます!
これからも応援よろしくね~!

▼ 友達にシェアしよう ▼

関連記事

投稿記事履歴(最新順)

  1. 「aska一宮店 × チアフル・ママ」のコラボ企画「ママの美容講座」 チアフル・ママのサポート企業…
  2. [include-page id="4672"]…
  3. 気分も一新、「アソビックスびさい」さんがリニューアルして、初めての「チアフルママイベント」でした。 …
  4. 11月はオレンジリボン(児童虐待防止運動)月間です。 毎年人気のクリスマスプレゼント企画! …
  5. 11月のチアフル・ママは無地に終了いたしました。 来場された皆様、ありがとうございます。 楽…

メルマガ会員登録

メルマガ登録フォーム
メールアドレス
@cheerful-mama.comを受信できるアドレス

お名前(本名フルネーム)

powered byメール配信CGI acmailer

フリーペーパーgarden

オレンジリボン活動

orrbana

アーカイブ

アクセスカウンター

ページ上部へ戻る